ロゴ
HOME>レビュー>歯科に通うのを躊躇していると後悔!体験者から聞く失敗談

歯科に通うのを躊躇していると後悔!体験者から聞く失敗談

歯型

歯科に通いたいけれど忙しいから、特に口内にトラブルはないからと思い、歯科に行かない人は多いものです。しかし、手遅れになってしまうと後悔する人がほとんどだと言えるでしょう。歯科に通うのが遅くて後悔したという人の体験談を参考に、歯科に通うことの大切さを学びましょう。

みんなの口コミ

虫歯だろうと思っていたけど忙しさにかまけて放置【30代|男性】

武蔵小杉に住んでいます。奥歯に虫歯ができていることに気づいていたのですが、仕事が忙しく歯科に行かずに放置していました。ある時、食事をしていると奥歯の噛み合わせに違和感を覚えました。すると、いきなり石を噛むような音がして異物が口の中にある感じがしたので即座に吐き出しました。奥歯でした。手で確認すると歯茎に大きな穴が空いていることに気が付きました。奥歯なので噛み合わせにも違和感があります。翌日、近くの歯科で診察を受けました。虫歯を放置した結果、歯が抜け奥歯が1個なくなってしまったこと、その上で噛み合わせも悪くなったことの説明がありました。噛み合わせの違和感を解消するには差し歯を作る必要があると説明を受けました。最後に、虫歯があることに気がついた時点で診察を受けていれば自分の歯を残すことができたと言われました。放置の結果の代償の大きさを実感することができました。

歯茎の腫れを疲れからと思っていたら違った【40代|女性】

ある日、歯茎が腫れていることに気がつきました。ここのところ、身内に不幸があったり母の入院などが重なり疲れているのだろうとたかをくくっていました。様々な事が終わり、始めてゆっくり休むことにしました。しかし、歯茎の腫れがひくことはありません。それから、前歯に違和感を覚えました。違和感のある前歯を触ってみると歯がぐらついていました。自分の年齢で歯が抜けることは異常なことです。武蔵小杉にある歯科に予約を入れ、診察を受けました。歯槽膿漏と診断を受けました。歯茎の腫れている状態は歯肉炎の症状でこの時点で診察を受けてもらえれば歯がぐらつく事はなかったと説明されました。少しでも歯の異変を感じたら歯科の診察を受けなければいけないと感じました。