ロゴ
HOME>レビュー>口内トラブルは歯医者で治療しよう【早期発見のコツ】

口内トラブルは歯医者で治療しよう【早期発見のコツ】

歯

自身ですぐに気づき、歯医者に行くことで被害を抑えることができます。歯科に通っている方がどのようにして気づいたのか知ることができれば、自身に起こった時もすぐに気づくことができるでしょう。そのため、歯医者利用者の体験談をチェックしきっかけを知っておくと良いです。

みんなの口コミ

ブラッシング中に歯茎から出血したので歯医者に行きました【30代|女性】

朝いつもどおり歯磨きをしていると歯茎から出血があり、不安になって新宿駅の歯医者に行きました。初めは磨き残しがあると歯茎から出血することがあると聞いたことがあり、磨き残しが原因だと思いました。歯医者に行くと歯肉炎の可能性を指摘されました。今まで歯医者に通う回数が少なく、正しい歯ブラシの指摘を受ける機会がありませんでした。このまま間違ったやり方で歯磨きを続けていると、将来的に歯周病になる可能性があると言われ早めに歯医者に行って良かったと感じました。まだ初期段階だった為、これから正しい方法で歯磨きをすれば必ず良くなると言われて自分のやり方を見直すきっかけになりました。また、特に虫歯などが無くても定期診断受ける大切さを感じたのでこれからは通おうと思います。

口を開けると歯に少し黒っぽい部分があったので歯医者へ【20代|女性】

よく見ると歯に黒っぽい部分があり、不安になったので新宿駅にある歯医者に行きました。歯が黒くなっている場合、単に着色などの汚れの場合や初期虫歯の場合があるようです。初期虫歯の可能性を指摘されて、今回は治療を見送ることにしました。歯の溝を含む表面はエナメル質という組織に覆われており、エナメル質表面にとどまっている場合は経過観察でも構わないようです。しかし、悪化すると治療の必要があるということなのでしっかりと歯磨きをして悪化しないようにしていこうと思いました。今回歯医者に行き自分の歯の状態を見てもらえたことで、今までの意識と変わり自分の歯と向き合うきっかけになりました。これからは定期的に歯医者に通い、歯の状態を保ちたいと思います。